忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 13:06 】 |
鎌ヶ谷1 鎌ヶ谷浴場
kamagaya1-kamagayayokujo.JPG既に昨日になりましたが、千葉県での仕事のついでに、個人的「千葉県のお勧め銭湯」の1つである「鎌ヶ谷1 鎌ヶ谷浴場(鎌ヶ谷市富岡1丁目8-1)」を訪れました。

同名のHPの記述もご参照下さい。
http://sentotanbonin.iiyudana.net/

屋号もなければ暖簾もない「銭湯というもの」を知っている人でなければ銭湯と気付かないであろう簡素な外観です。

中は広い東京形式の銭湯そのもので、番台には大女将がおられ、建具類がアルミサッシに変更されていますが、ほとんど改修されておらず昔のままです。

脱衣所は白壁・木床・飾り天井(男女の境の上部に隔壁があるのが珍しい)で、3枚羽根の天井扇があり、昔ながらの脱衣ロッカーと籐製の籠が使われています。

小さいながら庭もあります。

浴槽は古いタイルのままの非常にシンプルなもので、深浴槽には何もなく、浅浴槽にはジェットが3基あります。

brass-crane.JPG何と言っても驚きなのが、押し手に「湯」と「水」と彫り込む形で書かれた真鍮製のカランが現役で使われていることです。

大女将に許可をいただいて撮影しましたので、特別にアップします。

内側5つ-島3つ&3つ-外側4つで間隔が非常に広く(隣に泡が飛び散る心配なし!)、下部に広告(接骨院・電気店・寿司屋・大衆食堂など・・・少なくとも一部は現役)のある鏡付きですが、シャワーはありません。

湯よりも水が小さめです。

私の知る限りでは、かの有名な?浦安銭湯ストリートにある「浦安3 末広(廣)湯(浦安市堀江3丁目4-6)」でごく一部が使われているだけで、「ほとんどが現役使用(島の3つのみ球体の押し手)」というのは日本でも非常に珍しいのではないかと思います。

欲を言えばペンキ絵がないのが残念です(青塗りになっています・・・が下部に広告スペースが残されており、往時は側壁まで伸びた立派なペンキ絵があったのではないかと想像されます)。

トイレもいろいろな意味でレトロです。

黄色で無地のケロリン風湯桶と緑のM字椅子が使われています。

正面の狭い道は一方通行のため別の道から回り込む必要があり、駐車スペースも限定的なので空くまで待たなければならないかも知れませんが(県道8号線の千葉日産が目印)、新京成線初富駅からすぐの古い住宅地にあります(比較的遠くからも茶色の煙突が見えます)。

大人385円、中人170円、小人170円と平成9.11.8の料金のままで頑張っておられます(さらに5円おまけされることまで・・・)。

何が何でも営業を続けてほしい銭湯です。

この銭湯に入らずして千葉県の銭湯は語れません。是非是非是非!!!

注)非常に湯が熱いです・・・が無理せず(&やり過ぎず)埋めてお入り下さい。

拍手[22回]

PR
【2011/04/15 17:25 】 | 千葉県 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<足立54 若松湯 | ホーム | 埼玉県草加支部1101 銭湯かっぱ天国>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>