忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 13:08 】 |
アニメ紅白歌合戦 Vol.3 上

2014.1.19(センター試験会場から直行した猛者もいたとかいなかったとか・・・)、「ニッポン放送 ミュ~コミ+ プレゼンツ アニメ紅白歌合戦 Vol.3in 国立代々木競技場第一体育館※」に参戦しました。

 

※建築家 丹下健三氏の代表作

 

16:30から21:30過ぎまでの驚異の5時間オーバーの大イベントをハイパーオタク目線でまとめました。

 

専門用語や人物の解説は敢えて‘あまり’しません(ついてこられます?)。

 

1.度肝を抜かれる豪華すぎるオープニングアクト

な・な・な・・・なんと、永遠の17歳(声優歴は26年!/来年は娘さんに年齢が追いつかれるとのこと!再来年は娘さんに年齢で追い越される?)の井上喜久子さまによる「学園天国」熱唱!

彼女がCVの「ガールフレンド(仮)」の‘天都かなた’が正面の大型スクリーンで踊り、喜久子さまも同じセーラー服のコスプレというスペシャルステージ!

史上最大の1万人超による掛け合い「井上喜久子、17歳です!」「おいおい(笑い)!」も必ずや伝説に!

 

2.予想に違わぬ田所あずさのぐだぐだなロイヤルボックス(審査員席)レポート

確かに天然の彼女だけど・・・噛み過ぎ&ボケ過ぎですってぇ。なんじゃその英語や質問は~。

 

3.豪華だがなんだかなぁ・・・の審査員(敬称略)

①日本アニメーション振興会(SPJASociety for the Promotion of Japanese AnimationCEOのマーク・ペレズ(Marc Perez

-仕事で何度も行っているLos Angeles Convention Centerもアニメの殿堂にしかもう見えない!?

Japan EXPOの創立者にして副代表のトマ・シルデ(Thomas Sirdey

-日本語が変に上手すぎ!(オタク用語にも堪能)

③リスアニ副編集長の澄川龍一

-怪しげな熊にしか見えましぇ~ん!?

④漫画家の咲良(このイベントのイメージキャラクターも彼女の作)

-自作のコスプレでご登場。超引き籠もり生活者である彼女のこれが今年3回目の外出!

 

シナリオ(と流れ)を完全に無視して?2対2の引き分けにしてしまい、最後は会場の拍手で「紅組優勝」っていったい!?

 

4.違う世界からやって来た?上坂すみれ

ロシアンレッドのアブナイ?ワールドで会場を染める。演説はさすがの迫力。「カワイイ!」コールに「彼女らしく」応えるのがファンにはたまらない!?

 

5.ちょっと大人の魅力の?スフィア(寿美菜子・高垣彩陽・戸松遥・豊崎愛生)

紅組司会も担当。それだけのサイズの箱(会場)をこなしてきただけあってファンは結構多い。

ももクロ同様のイメージカラー(順にパープル・ピンク・オレンジ・グリーン)を理解しているファンが先導してサイリウムの色を調整。偉い!

 

6.かわいさいっぱいの竹達彩奈(あやち)

3回連続出場のベテラン!?

Sinfonia! Sinfonia!!!」から始まり、「マシュマロ」「週末シンデレラ」「ライスとぅミートゅー」の計4曲を披露。これまた一瞬にしてラブリーな世界に会場を染める。

彼女の前々回のお願い「一色じゃ嫌!赤とピンクどっちも見たい!!」をしっかりと覚えているファンが多かったのか、会場は2色のサイリウムの海になりました。

「アイラブ ビーフ アイラブ ポーク アイラブ ロース」などの掛け声も単独ライブほどじゃなく、まだまだ一般の認知度は低いけど、本物の紅白を目指して頑張るんだ、あ・や・ち!

 

後半は次項へ

拍手[0回]

PR
【2014/01/21 16:35 】 | 女性アイドルなど | 有り難いご意見(0)
<<アニメ紅白歌合戦 Vol.3 下 | ホーム | 入浴マナーを守りましょう>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>