忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 13:10 】 |
木更津1 人参湯
kisarazu1-ninjinyu-s.JPG例によって既に昨日になりましたが、仕事が早めに終わったので、久し振りに「木更津1 人参湯(木更津市中央3-4-39)」を訪れました。

参考HP:木更津市 「みなとまち木更津」のレトロ建築
http://www.city.kisarazu.lg.jp/14,749,40,267.html

個人的な「千葉県のお勧め銭湯」の1つです。

JR内房線の木更津駅からちょっと歩いた「繁華街に近い旧市街」にあります。

昭和7年(1932年)の創業で、昭和24年(1949年)に現在の主人が引き継いだとのことです(前身の銭湯は昭和4年(1929年)発行の絵図(鳥瞰図)や町内案内に掲載されています)。

現存する建物は、地方では珍しい二重千鳥破風の豪奢な外観で、昭和27年(1952年)の建築です(脇道から側面が観察可能)。

オリジナル暖簾と玄関中央壁の福助(小さな九谷焼三六角タイル絵)が出迎えます。

木調の折上げ格天井(玄関も格天井)で木床の昔のままの脱衣所には(もちろん番台形式)、縁起物の大熊手(非常に大きい!)や人参湯の版画が飾られています。

脱衣ロッカーに加えて籐製の籠もあります。

詳細は伏しますが、非常にレトロなトイレです(私にとっては非常に懐かしい!)。

浴室はきれいに改装されており、浴槽も人参湯(薬湯/温浴素じっこうでした/バブルあり)・座風呂2基・浅浴槽(岩入りの湯口とバブルあり)の逆L字型配置に改修されています。

外側手前に立ちシャワー2基があるため、その脇のカランは2基しかありません。

ペンキ絵は丸山清人氏によるもので(平成17年8月8日)、男女の浴室の境に富士が配された一枚物の本栖湖です。やや汚れが付いてきましたが、その雄大さは今だ健在です。

側面に赤線の入った黄色のケロリン型湯桶が使われています。

大人\410、中人\170、小人\70と平成18年12月1日の料金のままです。

往時の木更津を彷彿とさせる銭湯です。遠くから訪れる価値は十分にあります。

追記
HPの写真を入れ替えました。
http://sentotanbonin.iiyudana.net/

拍手[1回]

PR
【2011/02/11 13:56 】 | 千葉県 | 有り難いご意見(2)
<<木更津 巌根 柳湯 【廃業】 | ホーム | 足立7 タカラ湯>>
有り難いご意見
無題
>JR内房線の茂原駅
木更津駅ですよね?
茂原だと、桜湯がレトロな感じで大好きでした。

たしか、銭湯の名称通りに、人参湯が使われているのが
特徴ですね。
【2013/02/08 10:24】| | noname #4a2c1bdbe5 [ 編集 ]


修正しました(が・・・)
諸事情により大変遅くなりましたが、ご指摘の通りですので、駅名修正しました。

ただし、もう廃業になってしまっているのですが・・・(いずれレポートします)。

茂原1 桜(櫻)湯
・・・は関東圏屈指のレトロ銭湯と思います(まだ営業を続けていると思います)。
【2014/01/13 15:20】| URL | 銭湯探訪人 #4a2be5592c [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>