忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/26 09:06 】 |
旭川支部-旭川2 金栄湯
asahikawa2-kinneiyu.JPG引き続き、夏期休暇(2分割後半)による北海道からの報告です。

昨日、新築開業となったJR北海道旭川駅から1条通を西方に約700m程歩いた昔ながらの市街地にある(国道237号線にほぼ沿っています)「旭川支部-旭川2 金栄湯(1条通2丁目右4号)」を訪れました。

正面側の両側にトイレ(水洗)が配置された昭和後期?の簡素な造りの銭湯ですが(後部に金属製細円筒型煙突があります)、「北海アルバム社 旭川市街案内図 昭和28年(1958年)7月 復刻縮小版 2011(平成23)年4月20日発行 (株)あいわプリント 協力:旭川市中央図書館(収蔵)」に掲載されていますので、創業は相当古く(昭和前期?)、現存する建物(正面壁に屋号)は建て直されたものと思われます。

白く屋号が染め抜かれたオリジナルの茶暖簾を潜るとシンプルな玄関で、さらに戸を開けて入ると、三和土から直接上がるレザー敷きの脱衣所です。

もちろん番台(シンプルな造り)形式で、下足は棚に入れるスタイルです。

MOM TOKYOと折り鶴マークのアルミ板鍵の脱衣ロッカー(薄いブルーのペイント)とプラスチック製の長方形の籠が使われており、置き道具用のロッカーも脱衣ロッカーと同系です。

新しめの3枚羽根の天井扇があり、ぶら下がり健康器、ローラーベッド(動くかは不明)、さらに女湯側には赤の「ヤマト自動マッサージ機」とお釜型ヘアドライヤー(現役!)もあります。

浴室は改修されているようで、床のタイルはモダンなものになっています。、金属スレートによるすり鉢状の天井の中央には縦長方形の小さな湯気抜きがあります。

浴槽は奥横配置同サイズ2槽式で、外側深浴槽が神天石=ブラックシリカ風呂、内側浅浴槽がジェット2基(超音波気泡温泉/施工:織田鉄工場)、隔壁から両側にツルカメの11/2の水カランがあります。最内側に熱気浴(湿式サウナ)があります。外側手前側に水風呂があります。

カランは、押し手が古い宝と逆三角形がほぼ半々で、鏡(一部に寿司屋・肉屋・菓子店・スーパーなどの広告の名残)と不揃いな固定シャワー(1つのみロングシャワー)付きで、内側6つ(斜め配置で水がある/手前に噴水型の水飲み)、4つ&4つの島(湯のみで水がない)、外側5つ(斜め配置で水がある)の配置になっています。

地下水を使用しています。

浴室中隔壁手前側には小さな業務用ドアがあります。

関西型の黄色いケロリンの湯桶と一部に緑のM字椅子が使われています。

JR北海道旭川駅やホテルのある中心街から徒歩圏内ですし、駐車場(ほぼ隣接する「日本料理 福鶴亭 本店」のものと兼用)もありますので、「道北銭湯の基本形」を体験しに、旅の途中で立ち寄られてはいかがでしょう。

追記
ついに北海道公衆浴場業生活衛生同業組合旭川支部の完全制覇となりました。HPの関係部分も増設します。

追記(2011.8.19)
昭和2年(1927年)に9条13丁目で創業し、昭和17年(1942年)に現在の場所に移転。現在は3代目が経営。昭和62年(1987年)頃に改修し、浴室の位置と形を変え、サウナを増設した。

<参考>
北海道新聞旭川支社 湯快だな(2004.6.23)
http://asahikawa.hokkaido-np.co.jp/yukai/20040623.html

拍手[1回]

PR
【2011/08/17 11:21 】 | 北海道 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<旭川支部-旭川 あいらぶ湯【廃業】 | ホーム | 旭川支部-旭川19 羽衣湯>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>