忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 13:04 】 |
荒川39 又六湯【廃業】
arakawa39-matarokuyu.JPG廃業銭湯の現況(荒川区)
http://sentotanbonin.kai-seki.net/Entry/360/

・・・で報告した「荒川39 又六湯(南千住6-51-19)」ですが、2009.9.4に訪問していたことを失念していましたので(記録を整理していて判明しました/銭湯お遍路53軒目でした)、以下のように訂正させていただきます。

当時はこのようなブログを主宰するとは考えておらず、技術も未熟で、さらに日没後の訪問のため、あまりよい写真が残っておりません。ご容赦の程・・・(画質調整して掲載します)。

南千住駅の西北西500m程の日光街道(国道4号線)からちょっと西側に入った下町に建っていました。平成22(2010)年6月18日をもって廃業しました。懸魚付きの千鳥破風を冠した伝統的な宮造り銭湯で(終戦直後の昭和27年建築)、高い煙突も聳えていました。もちろん番台形式で、それなりの改修はありましたが、脱衣所は中白の折上げ格天井&船底天井の拡張部付きで、内部の建具や各種のアイテムも大いに昔の趣を留めていました。早川利光氏による、浴室中央に赤富士が聳える立派なペンキ絵(富士川(男湯)と西伊豆(女湯):平成15年6月22日 画)がありました。浴室中隔壁には「水車付きの民家のある湖畔から望む富士(男湯)」と「白鳥(女湯)」のモザイクタイル絵もありました。下町の銭湯らしくあつ湯でした。既に痕跡はなく分譲住宅になっていました。なお、名銭湯だったことを反映して、ネットは多数の記載で溢れています。

改めて、在りし日の銭湯を想いつつ、合掌!

拍手[0回]

PR
【2012/10/06 12:43 】 | 東京都 | 有り難いご意見(0)
<<滝川支部-滝川4 天然温泉 日の出湯 | ホーム | 廃業銭湯の現況(大田区)・その6>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>