忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/11 16:20 】 |
旭川支部-美瑛1 松の湯
biei1-matsunoyu.JPG引き続き、早めの夏期休暇(2分割前半)による北海道からの報告です(ネット環境外にいたためアップが遅くなりました)。

2011.7.15、私が小学校後半から大学前半までを過ごした美瑛町に2軒残る銭湯のうちのもう1つである(最盛期は4軒あったとのこと)「旭川支部-美瑛1 松の湯(西町1丁目8-7)」を訪れました。

JR北海道富良野線美瑛駅から富良野方面に約500mのメインストリート沿いに建つコンクリート造りの立派な銭湯です(背面に茶系の金属製円筒型煙突があります/正面の柱と背面の男湯の窓に屋号が書かれています/後部は自宅)。

外壁に書かれた1973は創業が1973年(昭和48年)であることを表しますが、元はJR北海道富良野線美瑛駅に近い道の駅の場所にあり、メインストリートの歩道拡張工事&区画整理の関係で、平成5年に現在の場所に新築・移転したとのことです(創業者であるご主人談)。

明るい玄関(下足箱は事務用ロッカー)を入るとフロント&広い休憩スペースで、美瑛付近の風景写真が飾られています。

脱衣所では事務用ロッカーと長方形プラスチック籠による棚が使われ、中間壁の手前側が休憩スペースになっています。

新しいタイルの浴室に奥横配置の浴槽で、内側大浴槽(かなり深い/ブラックシリカ/バイブラ)と外側小浴槽(やや浅い/温浴素じっこう/ジェット2基)の2槽式です(間にそれぞれの流出口あり)。

外側手前側に脱衣所に入り込む形でTV付きのガス遠赤外線サウナ(乾式)があり、その向こうに水風呂があります。

入口近くに立ちシャワーもあります。

カランは▽の押し手で(固定シャワーと鏡あり)、内側6つ(ここのみ斜め上に水がある/非常に湯が熱い!/+手前に水飲み場)、3つ&3つの島、外側5つの配置になっています。

関東サイズの黄色のケロリンの湯桶と緑のM字椅子が使われています。

子ども用のおもちゃもあったりします。

東日本大震災の影響でマインドが低下しているためか例年になく観光客が少ない寂しい状況ですが、昔の建物の時代からの想い出記録ノートが残されており、ライダーなどに愛されて歴史を重ねた銭湯であることがわかります。

美瑛観光のついでに、列車で、車で、バイクで、自転車で、若き日の記憶を辿りに?、是非お立ち寄りください(広い駐車場もあります)。

<社団法人美瑛町観光協会HP>
http://www.biei-hokkaido.jp/

拍手[1回]

PR
【2011/07/17 22:59 】 | 北海道 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<旭川支部-旭川26 亀乃(の)湯 | ホーム | 旭川支部-美瑛2 朝日湯→【廃業】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>