忍者ブログ
  • 2017.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.02
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/01/20 16:27 】 |
マンホールの蓋のタロとジロ
taro-jiro-manhole-cover.JPG稚内市のマンホールの蓋には、1983年(昭和58年)に「南極物語 ANTARCTICA」として映画化されたことで知られている(旭川市の映画館で高校時代にリアルタイムで見ました・・・因みに2011年のテレビドラマ「南極大陸(TBS系)」は史実をかなり離れて創作色が強くなっています)南極観測隊の犬「タロとジロ」が描かれています。

史実はあまりにも有名ですので割愛しますが(単なる美談ではなく様々な見方があるようです)、タロの剥製は、

北海道大学植物園(札幌)
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/

ジロの剥製は、

国立科学博物館(東京・上野)
http://www.kahaku.go.jp/

・・・で展示されています。

地面を気にする人はなかなかいないでしょうが、こんな何気ないものにも地方色が滲み出ています。

拍手[0回]

PR
【2012/08/23 12:55 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<滝川支部-芦別4 上芦別共同浴場 | ホーム | 大沼付近の原野から望む利尻富士>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>