忍者ブログ
  • 2017.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.02
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/01/20 16:27 】 |
キッチン ブルドック
higashikoji.JPG国鉄大井工場(JR東日本東京総合車両センター)を始めとした工場の町だったこともあって、大井町駅周辺にはディープな飲み屋横町が形成されてきました。再開発の波が押し寄せていますが、駅の北東側に昭和の風情を色濃く残す一角-東小路飲食店街(大井東口商店街振興組合)他-が残されています。

kitchen-bulldok1.JPG当然ながら、せいぜい10席程度の小さな店がほとんどですので、それなりの人数の団体だった我々は、洋食店「キッチン ブルドック」に入りました。

昭和24年創業で60年を超える歴史を重ね、店名がブルドッグならぬブルドックなのにも昭和の臭いが漂います。

kitchen-bulldok2.JPG全くの飛び込みだったのですが、『とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ系)』の『きたなシュラン20XX(XXは西暦の下2桁)– KITANACHELIN - 汚いけど美味しいお店』(後に『きたなトラン20XX(同)- KITANATAURANT – 同』に改称)で☆3つを獲得した(2009.11.26認定/2009.12.3放送)など、実は有名店だったのでした。



急な階段を上がった床が傾斜した!2階を貸し切り状態で使わせていただき、名物のオムライスやメンチカツなどをシェアしながら瓶ビールを酌み交わしました。

kitchen-bulldok3.JPG頼んだわけではありませんが、ケチャップアートは温泉マークや、






kitchen-bulldok4.JPGなぜかAKB48です。







「お食事は大井一うまい・やすい」の看板の通り、懐かしき昭和の味は健在で安く、かつ、いわゆるデカ盛りで非常にボリュームがあります。頼みすぎにはくれぐれもご注意ください。

同行したバイオリニストの生演奏(G線上のアリア)がBGMってんですから、ある意味でとんでもなく贅沢な時間を過ごしたのでした。

続きは、すぐ近くにある別の同行者の知り合いの小さなバー。

交友範囲を拡げると、人生、豊かになるもんですねぇ。

以上、予定通りに事は運ばず、移動後のサンフランシスコの安宿からのアップでした(なぜかは次項以降参照)。

拍手[0回]

PR
【2012/11/07 03:04 】 | お勧め酒場(特別) | 有り難いご意見(0)
<<USA探訪記2012秋・1 ~序章~ | ホーム | AMO EL FLAMENCO>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>